塗装したアップライトピアノの仕上げ作業をしています。なんとかこの作業を短縮できないものかと毎度工夫を重ねています。ベテラン技術者さんのお話を聞いても、やっぱりそこそこ時間がかかるものなんだと諦めのような、救われたような複雑な気持ちになります。でもこれまでの経験から、急ぐほどに質が落ちる、焦るほどに失敗を誘発する作業でもあるので、こんなもんだと覚悟を決める必要もあるのです。塗装は忍耐です。

作業の一例をご紹介しますと、こちらの写真は吹き付けた塗料が乾いた状態のパネルです。

そして、塗面を削って均した状態です。

磨き上げて完成です。

出来上がるとこの写真のように鏡みたいに映るようになります。およそ半分ほど出来上がっています。これが終わったら、楽器として組み立てていく過程に入ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。