アップライトピアノのオーバーホール作業は、外装の塗装を進めています。吹き付けがすべて終わり、ここから仕上げの工程に入ります。この作業はどうやったって時間がかかるし、急げば焦りが結果に出てしまうので忍耐です。しかしそこを工夫して、どうすれば時間を短縮できるのか、を考えるのもチャレンジの一つとして楽しめます。

さて、どう仕上がってくれるのか想像しながら、楽しんで進めたいと思います。

響板の修理と塗装も終わっています。高さ121cmの小柄なピアノですが、響板が鳴らす音は期待できるものです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。