解体進行中

脱弦、脱ピン、脱フレームです。全てが外しやすくて、普段はもっと疲れるのに驚いています。そんなに保存状態良かったのだろうか。チューニングピンも、普段はもう少し苦労するところなのに簡単に終わって怖いくらいです。

フレームを外す作業だけは、現代のピアノの方が合理的で外しやすいようです。立てたまま、チェーンブロックを使わずに人力でできると思ったのですが
、無理でした。

内部の整備を始める前に、外装クリーニングをします。

Comments

comments


ピアノに関するお問い合わせはお電話で098-926-0322まで

Instagram Feed

Load More