ピアノの先生を目指した情熱

毎年お世話になっているお客様。初めて伺ったとき、このピアノを使用するご本人はまだ学生さんで、たしか帰省前に調律しておいてあげたいというお話だったような。それからもう何年も経ち、地元に戻ってからは音楽と無関係の職場に就いて社会人として歩き始めたようですが、ピアノのお仕事をしたいという願いが強く、少しずつ増やして今では先生業と演奏業で身を立てているのだとか。この仕事は初任給いくらとか決められた収入で安定しないので軌道にのるまでは大変。でも背水の陣で臨めば願いは叶うもので、博打のようだけど努力が実ることを実証したのは素晴らしい。

別の方にも、一人暮らししながらアルバイトとピアノの先生を両立していましたが、一念発起してピアノ一本に絞った途端にあれよあれよと生徒さんが増えて忙しくなった話があったり、やるぞと本気の環境を整えると自然と結果が伴ってくる例を何件も見てきました。情熱ってすごいです。

修理工房のコンソールピアノは張弦が始まりました!一気にできるまとまった時間がないのが悔やまれますが、しっかり進めていきたいと思います。

Comments

comments


ピアノに関するお問い合わせはお電話で098-926-0322まで

Instagram Feed

Load More