本体吹き付け

グランドピアノの作業に移ります。今の本命はこちらです。ただ、現在修理工房ではピアノが押し合いへし合いしているので、スペースを確保しながらの作業計画をしていかないといけないので、かなりイレギュラーな進み方をしています。それで、どうすれば時間を効率よく使っていけるな頭がぐるぐる回っています。

まずは本体の外観だけ完成させることにして、吹き付けを行いました。回を重ねるごとによくなっていくのを感じています。仕上げが楽しみです。


同時に部品をいろいろ調達も進めています。こちらはネジなどの金属パーツで、関東のメッキ工場に出します。「交換した方がいいんじゃないですか?」と言われるのですが、いえいえ、オリジナルを使うことにちゃんとした理由があるのです。それはまた後日。

Comments

comments


ピアノに関するお問い合わせはお電話で098-926-0322まで

Instagram Feed

Load More