スティック修理〜張弦完了

いつもお世話になっているお客様のピアノ調律に行きました。今回は音が出にくいキーがあるとのお問い合わせでした。行ってみるとご覧のとおり。ハンマーがありえない位置で静止しております。まるで体操のキメのポーズのようです。

ここまで硬直していると、ピアノ用の潤滑剤でも歯が立ちません。原因となっている摩擦を除去します。

部品を一つずつはずしてよく見たら、回転軸となるピンに錆が。一応この部品は黄銅といって、真鍮と同類の材質なのですが、さすがにこれは派手に錆ています。当然交換です。

無事すっきりしたわけですが、環境が環境だけに、また発生してしまうのだろうな…。丁寧に直していきます。

お店のピアノは張弦が終了。組み立てます。

Comments

comments


ピアノに関するお問い合わせはお電話で098-926-0322まで

Instagram Feed

Load More