グランドピアノ脱弦、解体

グランドピアノの全弦張替えをするために解体しています。なかなか強烈なサビで、分解中弦がプチプチと切れたりしたり、折り曲げただけで切れたり。限界だったのでしょう。

チューニングピンも全て抜いて交換します。最近問屋さんが扱っているチューニングピンの仕様が変わったみたいで、調律がやりやすくなりました。

アグラフも外して全部磨きます。交換するのも一つの手ではありますが、極力ゴミを出さない、というコンセプトのもと、使えるものは使います。

あとはフェルト類の交換と、フレームの塗装です。

しかし外装がなかなか綺麗なのはハナマル二重マル。このピアノ、綺麗です。外見に負けないよう、中も綺麗にします。

Comments

comments


ピアノに関するお問い合わせはお電話で098-926-0322まで

Instagram Feed

Load More