カワイのコンソールピアノ、最終段階へ

ここのところはInstagramに画像をアップするのが楽しくて、英語で投稿していれば海外の人とも交流できるのがまた楽しくてそっちばっかりでしたが、ふと人のブログを読んでみるとそれも楽しくて、やっぱブログだよな、と帰っき来た次第です。重要な作業日誌にもなっていますし。

そうこうしているうちに、カワイのコンソールピアノはほぼ出来上がってきたので、今日は写真が逆順での掲載になっています。ハンマーを接着してからダンパーを取り付けて、という具合に作業しました。特にハンマーの部分はオリジナルと同じパーツが手に入らないので、重さ、長さ、角度などを計算し直したり古いハンマーに穴を開けてサンプルを作ったりなど試行錯誤でした。実際に出来上がってみると、タッチがとても重くてがっかりしてしまったものの、そこはなんのその、65グラムほどあったダウンウェイトを49グラムまでしぼりました。力石徹もびっくりです。
さて、そうして弾きやすくなったピアノですけども、細かい調整をしてさらに品質を高めていきます。今のところ、まだ3回しか調律していませんが、音色は深みがあってピアノそのものがコンサートホールのようになっています。仕上がりが楽しみです。

Comments

comments


ピアノに関するお問い合わせはお電話で098-926-0322まで

Instagram Feed

Load More