アップライトピアノ鉄骨搭載

アップライトピアノの整備を、弦を張るところまで進めておくということで、これはその最終段階です。フレームを本体に載せるところまで進めます。

響板は裏側も補修し、また塗装もやり直しました。

組み立てが終わったところで、響板を拳で叩いて音を聞いてみると期待できる音が。同じく修復中のグランドピアノの音と聴き比べてみました。さて、どうなるのでしょうか。

Comments

comments


ピアノに関するお問い合わせはお電話で098-926-0322まで

Instagram Feed

Load More