ビル・エヴァンスのブロックコードによるアドリブを楽譜にしました

https://youtu.be/vdw7C0pm5rM 移動中のカーオーディオで聞いていたらかっこよかったので、事務所に戻って即楽譜に起こしてみました。当店にて発行した「In Your Own Sweet Way」が「Alone(Again)」収録であるのに対し、こちらはピアノトリオで「How My Heart Sings!」に収録収録した5テイク目です。最後のドラムとの掛け合いでのブロックコードでのアドリブで、この後のドラムソロを最後にテーマに戻っています。 過去に楽譜化した「Intuition」に収録されている「Invitation」もブロックコードが多用されていて、採譜していて特に感じたのはエヴァンスのタッチがクラシックのピアニストに比べて浅いということでした。周りのクラシックの演奏家の方々もビル・エヴァンスよりもアート・テイタムの演奏に驚く傾向があって、批判とかじゃなくジャズというラフなスタイルだからこそありえる奏法なんだと思います。 下書きの手書き譜と、作業をしたピアノ型デスク。 この8小節は、曲中のブリッジに当たる部分で、コードはおおむねデイヴ・ブルーベックの原曲に習っているようです。ただ、最初のEm7(b5) に9thのF#が加わっているのが特徴的です。エヴァンスの演奏によっては4音のドロップ2を多用することもありますが、この8小節では5音のブロックコードを基本に構成されています。 特にすごいと思ったのは、ブロックコードだからブロックコードだけに終始せず、単音を絡めたり(3、5小節目)ゴーストノートのように扱ったり(5~6小節目)と、フレキシブルに絡み合う自由度です。よっぽどコードが体に染みついていてピアノという楽器の扱いを熟知しているのだと思います。加えてタッチが浅いということは、緊張せずリラックスして演奏していることの現れなのでしょうか。 さすがの一言に尽きます。 【目次へもどる】
さらに読む

ビル・エヴァンスのリハーモナイズ「The Touch of Your Lips」

The Touch Of Your Lips By Bill Evans 1年前くらいに紹介した、マリアン・マクパートランドのラジオ番組でのビル・エヴァンスへのインタビューでエヴァンスが「The Touch Of Your Lips」をデモ演奏しながら「こんな感じ」「Cのあたりを行ったり来たりして」とか、アバウトな解説でよくわからなかったのを耳コピして楽譜にコードを書いてみました。 このラジオ番組はCDにもなっていて、The Touch Of Your Lipsのデモ演奏はトラック8です。 ...
さらに読む

ビル・エヴァンスのリハーモナイズ「People」「Star Eyes」

https://www.youtube.com/watch?v=QwXAqIaUahI&t=1274s First two bars of People by Bill Evans 「ユニバーサル マインド オブ ビル エヴァンス」というビデオで、ビル・エヴァンスと兄のハリー・エヴァンスが対談形式でジャズについて語り合い、その一部でビル・エヴァンスがジャズスタンダードの「Star Eyes」を披露します。最初はメロディのみ、そしてコードを付け、最後にビル・エヴァンスがアレンジした独自のハーモニーと順番に演奏していき、その変わっていく変貌ぶりかすごいです。 「People」原曲の楽譜 実はこのコードはAlone(Again)収録の「People」でも使用していて、トニック上にドミナント7thのオルタードコードをのせてメジャー7thに解決するという方法です。「Star Eyes」は正確にはトニック上にドミナント7thとはちょっと違うのですが、とても似ている響きなのでコードのみ楽譜にして紹介させていただきます。 字幕入りのDVDが発売されています。ぜひ、買ってみましょう! ...
さらに読む

【映画観ました】Bill Evans / Time Remembered

もうしばらく経ちましたが、ビル・エヴァンスの映画を観てきました。 エヴァンスの生涯については、ライナーノーツやウィキペディアやいろんな本で読んできたので大体わかってはいましたが、見たことのない写真や映像をたくさん見れたし、プロデューサーのオーリン・キープニューズやダウンビート誌の編集長を勤めたジーン・リーズなど、エヴァンスに近い人たちの証言を聞けたのは嬉しかったです。 ちなみに、最後の恋人となったLaurie Varchominによる著書「The Big Love: Life & Death with Bill Evans」にはこの映画では語られることのなかったビル・エヴァンスの違う一面を知ることができます。アメリカのAmazonのサイトのレビューでも「Shadow of Bill Evans」と表現している人がいるように、なかなかダークな内容も多く、しかし若い女性が一流のアーティストに出会い間近でその才能に触れる喜びも綴られています。 <br /> ...
さらに読む

ビル・エヴァンス演奏の楽譜「Quiet Now」発売開始です!

ようやく出来上がりました。Quiet Nowです。エヴァンスが1968年のモントルー・ジャズ・フェスティヴァルで演奏したピアノ独奏の録音を採譜しました。 バラードでゆっくりだし、今回は早く終わるだろうとタカをくくっておりましたが、いやいや何のその。何が大変って、拍を取る作業が大変でした。エヴァンスのソロピアノでは(もしくは多くのジャズピアノがそうしているように)、左手はだいたいウラをついてくるのと(ここは今回は大したことありませんでした)、8分音符と1拍3連が行ったり来たりしているのでそこでつまづくことが多かったように思います。テーマは全体的に和音で演奏しているので、コードのいい勉強になります! In Your Own Sweet Way もそうだったのですが、ソロでのエヴァンスはとにかく10度を多用していて演奏が大変です。ハーモニーに広がりを持たせるには有効な手段と思うのですが、なかなかパッと押さえられるものでもないので苦労します。 その他、製作プロセスも見直して質の向上、スピードアップにもチャレンジした商品になっています。あと、当サイト以外にもAmazonで購入できるようになりました。商品ページからアクセスできますので、他のお買い物ともあわせてどうぞ。
さらに読む

ビル・エヴァンスA HOUSE IS NOT A HOME サンプル動画を作成しました

https://www.youtube.com/watch?v=hdsQ4w9iZY0 当店発行の楽譜「ビル・エヴァンス/A House Is Not A Home」のサンプル動画を作成しました。プロ・アマを問わず多くのピアニストの皆様に演奏を楽しんでいただければ幸いです。 そろそろ、楽譜の方も新しいものに着手したいと考えています。可能な限り多くのコレクションを世に送り出せればと考えています。どうぞよろしくお願いいたします。
さらに読む

ビル・エヴァンスの左手(ソロピアノ)

https://youtu.be/WLuAGU14hO4 ビル・エヴァンス IN YOUR OWN SWEET WAYの楽譜のサンプル映像を作りました。Alone(Again)収録の同曲の5分40秒あたりからの演奏を抜粋したものです。あちこちで言い訳しているのですが、エヴァンス本人の演奏はテンポ185くらいの速い演奏なのに対してつたない演奏で失礼します。ぜひ楽譜をご購入いただき、この動画より素晴らしい演奏を披露していただければと思います。 さて、この採譜からエヴァンスのソロピアノでのスタイルを一つご紹介いたします。 大譜表の下の譜表に注目していただくと、ところどころ左手が2声に分かれているのがわかるかと思います。このようにエヴァンスはインプロヴィゼーション中、右手のメロディを弾くパートとコード、ベースの3つのパートに分けて演奏していたようなのです。いわゆるフィンガーペダルという奏法ですね。 ラジオのインタビューで、ソロとトリオのどちらが好みかとの問いに「ソロが好きだけど自分はそこまで技術がないから」と答えていますが、いやいやいやいや、十分複雑なことをしていますよ。 まあ、ポリリズムや独特なリハーモナイズなどの難解な音楽を即興で作るだけの能力があるのだから、「そのくらいはやるよなあ」というあたりまえ感もありますが、世界に名をとどろかせたピアニストはさすが偉大です。 <目次へもどる>
さらに読む

A House Is Not A Home – YouTubeより

YouTubeのハンドルネーム、7notemodeさんがアップしているA House Is Not Homeの演奏が美しすぎるので紹介させていただきます。 当店ではビル・エヴァンスの演奏を採譜した楽譜を発行していますが、このビデオは彼のアレンジによるもの。しかし本人も動画の解説で認めているように、エヴァンスの演奏から多くの影響を受けているようで、事実、似ているハーモニーが多々聞こえてきます。 中間部のソロはとてもきれい!生ピアノだったらなお良かったのですが、この電子ピアノもいい音してます。2007年の映像ですが、楽しく聞けると思います。 7notemodeさんは、ご自身の演奏以外にもジャズピアノチュートリアルの動画もあったりして楽しめます。英語がわからない人でも音楽ならわかるかも…。まずはご覧ください!
さらに読む

エヴァン・エヴァンス氏から感謝の言葉をいただきました。

作成した楽譜は、もちろんJASRACでの許諾を得て出版しているものの、海外への輸出が可能なのかはJASRACの管轄ではありません。いろいろ可能性を探っている過程で、ビル・エヴァンスの息子さんである、エヴァン・エヴァンス氏と連絡を取り合っていました。 すでにいくつか発行しているよ、という話の流れから彼が見てみたいというので、 A House Is Not A Home、Little Lulu、In Your Own Sweet Wayの3冊を発送しました。アメリカへの郵便は時間がかかるので忘れた頃にエヴァンス氏からメールが来て、意外にもかなり喜んでくださった様子です。 本人から許可をいただいたので、スクリーンショットで紹介させていただきます。「ファンタスティック」と「ワンダフル」という単語で表現してくださっています。特にLittle Luluの楽譜を気に入ってくださったようです。そして私の方からの返答です。まさかこんなリアクションが出るとは思っていはいませんでした。ダメ元でご本人の言葉を口コミのような形で使わせてもらえないか頼みました。そうしたらOKということでした。さらに、「沖縄に行けるなら個人的に会いたい」とまで言ってくださって、光栄です。 「Made in Japan」から踏み込んで「Printed in Okinawa, ...
さらに読む