ビル・エヴァンスのブロックコードによるアドリブを楽譜にしました

https://youtu.be/vdw7C0pm5rM 移動中のカーオーディオで聞いていたらかっこよかったので、事務所に戻って即楽譜に起こしてみました。当店にて発行した「In Your Own Sweet Way」が「Alone(Again)」収録であるのに対し、こちらはピアノトリオで「How My Heart Sings!」に収録収録した5テイク目です。最後のドラムとの掛け合いでのブロックコードでのアドリブで、この後のドラムソロを最後にテーマに戻っています。 過去に楽譜化した「Intuition」に収録されている「Invitation」もブロックコードが多用されていて、採譜していて特に感じたのはエヴァンスのタッチがクラシックのピアニストに比べて浅いということでした。周りのクラシックの演奏家の方々もビル・エヴァンスよりもアート・テイタムの演奏に驚く傾向があって、批判とかじゃなくジャズというラフなスタイルだからこそありえる奏法なんだと思います。 下書きの手書き譜と、作業をしたピアノ型デスク。 この8小節は、曲中のブリッジに当たる部分で、コードはおおむねデイヴ・ブルーベックの原曲に習っているようです。ただ、最初のEm7(b5) に9thのF#が加わっているのが特徴的です。エヴァンスの演奏によっては4音のドロップ2を多用することもありますが、この8小節では5音のブロックコードを基本に構成されています。 特にすごいと思ったのは、ブロックコードだからブロックコードだけに終始せず、単音を絡めたり(3、5小節目)ゴーストノートのように扱ったり(5~6小節目)と、フレキシブルに絡み合う自由度です。よっぽどコードが体に染みついていてピアノという楽器の扱いを熟知しているのだと思います。加えてタッチが浅いということは、緊張せずリラックスして演奏していることの現れなのでしょうか。 さすがの一言に尽きます。 【目次へもどる】
さらに読む

二和音

和音を作っていきます。その最初のステップとして、シンプルに2つの音で和音を作っていきましょう! 読んでみて、音を出してみて、「なぜ?」と思うかもしれませんが、今のところは「こういうものなんだ」というふうに受け止めてくださいm(_ _)m。 目次 3度5度7度 3度 あるキーでの1度と3度、2度と4度というような組み合わせを2オクターブ弾いていったものを表にしてみました。 上34567123456712下12345671234567 それをCメジャーのキーに置き換えると以下のような音名になります。注目して欲しい点は、それぞれの3度がM(メジャー)かm(マイナー)に分かれるというところです。これ、すごく大事です。 上EFGABCDEFGABCD下CDEFGABCDEFGABM or mMmmMMmmMmmMMmm 表のとおりに音を出すと、下の動画のようになります。実際にご自分の楽器でも音を出して、どれがMでどれがmなのか確認してみてください(指使いは見やすいようにやっているものなので参考にしないでください!)。 https://www.youtube.com/watch?v=0mb6PtNlg5g 5度 5度の場合は下のようになります。 上56712345671234下12345671234567 5度の場合は、P(パーフェクト:完全)なのか、d(ディミニッシュ:減)なのかに分かれます。シンプルに、7度の4度の組み合わせ以外はすべてPです。この7度と4度のdが様々な場面で重要な役割を果たします。ご期待ください! 上GABCDEFGABCDEF下CDEFGABCDEFGABP or dPPPPPPdPPPPPPd こちらも音を出してみてくださいね。 https://www.youtube.com/watch?v=xPh0BtQqrz4 7度 そして最後は7度です。 上71234567123456下12345671234567 7度はMなのかmなのかに分かれていきます。表では以下のとおりです。 上BCDEFGABCDEFGA下CDEFGABCDEFGABM or mMmmMmmmMmmMmmm こちらでも音をだしてみてください。ただし、動画での指使いは見やすいようにやったものなので、マネはしないことをお勧めします^^。 https://www.youtube.com/watch?v=c059tY-03us まとめ 以上、3種類の2和音をCメジャーキーでご紹介しました。この時点で、すべてのキーを弾けるようになっていればこれらの2和音もすべてのキーで弾けると思います。これらのM、m、P、dの関係が、後々コードを理解する上で大切な資料になります。三和音の後でここに戻ってもいいかもしれません。 <目次へもどる>
さらに読む

ビル・エヴァンスのリハーモナイズ「The Touch of Your Lips」

The Touch Of Your Lips By Bill Evans 1年前くらいに紹介した、マリアン・マクパートランドのラジオ番組でのビル・エヴァンスへのインタビューでエヴァンスが「The Touch Of Your Lips」をデモ演奏しながら「こんな感じ」「Cのあたりを行ったり来たりして」とか、アバウトな解説でよくわからなかったのを耳コピして楽譜にコードを書いてみました。 このラジオ番組はCDにもなっていて、The Touch Of Your Lipsのデモ演奏はトラック8です。 ...
さらに読む

ビル・エヴァンスのリハーモナイズ「People」「Star Eyes」

https://www.youtube.com/watch?v=QwXAqIaUahI&t=1274s First two bars of People by Bill Evans 「ユニバーサル マインド オブ ビル エヴァンス」というビデオで、ビル・エヴァンスと兄のハリー・エヴァンスが対談形式でジャズについて語り合い、その一部でビル・エヴァンスがジャズスタンダードの「Star Eyes」を披露します。最初はメロディのみ、そしてコードを付け、最後にビル・エヴァンスがアレンジした独自のハーモニーと順番に演奏していき、その変わっていく変貌ぶりかすごいです。 「People」原曲の楽譜 実はこのコードはAlone(Again)収録の「People」でも使用していて、トニック上にドミナント7thのオルタードコードをのせてメジャー7thに解決するという方法です。「Star Eyes」は正確にはトニック上にドミナント7thとはちょっと違うのですが、とても似ている響きなのでコードのみ楽譜にして紹介させていただきます。 字幕入りのDVDが発売されています。ぜひ、買ってみましょう! ...
さらに読む

《続》三和音

メジャーキー上での三和音の続きです。 Iの三和音がメジャートライアド、IIの三和音がマイナートライアドであることを解説しました。それでは、III、IV、V、VI、VIIはそれぞれどうでしょう?確認の方法は前項で述べたので、ここでは以下に回答を記したいと思います。 III: マイナートライアドIV: メジャートライアドV: メジャートライアドVI: マイナートライアドVII: ディミッニッシュトライアド さて、ここで見慣れない名前がリストアップされています。VIIのディミニッシュトライアドです。この三和音がどういうものなのか、それぞれの音を検証してみましょう。 Cメジャースケール上の7番目の音、Bをルートとした三和音を構成しているのはB-D-F。Bメジャースケール上の3度はD♯。この和音の3度はDなので、D♯より半音低い。別の言い方をすれば、Dはbマイナースケール上の3度なので、この三和音の3度はマイナー3rdとなります。 次に、この三和音の5度はF。Bメジャースケール、bマイナースケール、それぞれの5度はF♯。半音低いFはディミニッシュ5th(diminished 5th、減5度)ということになります。 このように、3度がマイナーで5度がディミニッシュの三和音をディミニッシュトライアドといいます。メジャースケール上の7番目の三和音はいつもディミニッシュトライアドです。 以上でメジャースケール上の7つの三和音をメジャー、マイナー、ディミニッシュの3種類に分類してみました。これを音楽理論で使うローマ数字で書き出してみると以下のようになります。 I ii iii IV V vi ...
さらに読む

三和音

音楽を学ぶことは、言語を学ぶプロセスとよく似ている、と脳科学の分野で言われることがあります。 ここまでのことを言語に置き換えるとこんな例えにできるのかもしれません。 ①音名〜スケール=ひらがな、カタカナ ②インターバル=漢字 ここまでは文字の勉強だったとします。言葉を学術的に学ぶ第一歩です。 そしてここからは、これまでの材料をもとに組み立てていく作業になっていくともいえます。 まずはコード。いろいろなところで聞く言葉です。これが、文字を集めて意味をなす単語ととらえます。 ③コード=単語 その単語を集めて一つの意味をなす文節や文を作ります。 ④カデンツや基本的なコード進行=文節、文 そして、それらをさらに集めて繋げていくと、ストーリーとなり、音楽としては楽曲になります。 ⑤曲=文章=物語 ここでは③単語となるコードの第一歩、三和音について解説します。 三和音(トライアド=Triad) 理屈は後にして視覚的に三和音を奏でてみましょう。以下の図のように3本の指で間に鍵盤を1つ挟んで押します。音名ではC-E-Gです。 これが三和音の基本形となります。そして、1つのキーの中で7つの三和音を作ることができます。キーの中でどこでも、3本の指で間に鍵盤を1つ挟んで押してコードを作ります。この白鍵上で三和音を平行移動しながら7つのコードを鳴らしてみましょう。 ここで重要なことがあります。 もしこのブログを読んでいるあなたが、先に解説したキーとスケールのお話に沿って12のメジャースケールと12のマイナースケールを熟知していたら、今のような白鍵上の三和音の平行移動はどのキーでもできると思います。スケールを知っていれば(例え片手だけでもスラスラ弾けるほど覚えていれば)、コードへの理解が早まります。 三和音の音の構成 三和音の3つの音のうち、一番低い音から順にルート(ROOT=根音)、中央を3度、そして一番高い右の音を5度と呼びます。先に解説したインターバルの項目にあったように、3度や5度には種類があります。どの種類に該当するのかによって、三和音につくコードネームのタイプも変わってきます。スケール上で各音を1〜7と番号を振ったように、三和音にはローマ数字で番号を付けます。 I II III IV V VI VII Iの三和音はC-E-Gで構成されます。 Cメジャースケールにおいて、Eは3番目の音でメジャー3rd、Gは5番目の音でパーフェクト5thです。 このようにルートに対して3度がメジャー、5度がパーフェクトで構成される三和音をメジャートライアド(Major Triad)といいます。 IIの三和音はどうでしょう。ここからが前項のインターバルの応用になります。 Cメジャースケール上のIIの三和音はD-F-Aで構成されます。このときにD-Fのインターバルはどのように定義すればよいでしょうか。それは、まずDから始まるメジャースケールを弾くのです。 え?Cメジャースケール上のコードの分析をしているのにDからメジャースケールを弾いたらDメジャースケールになって音を外してしまわないか?と思うかもしれません。しかし、ここではD-Fの関係を調べるので、今どのキーで演奏しているかという前提は一回置いておきます。 Dメジャースケールはスケール解説の項目で紹介したこちらのPDFファイルで確認していただけます。 このスケール上にFはあるでしょうか。D、E、F♯と続くので、Fは飛ばされてしまいました。では、dマイナースケールではどうでしょう?D、E、Fと続くので、FはDマイナースケール上の3番目の音、つまりマイナー3rdということになります。 ではCメジャースケール上のIIのコードに話を戻し、ルートのDと5度のAの関係を見てみましょう。またここでDメジャースケールを弾きます。AはDメジャースケール上の5番目の音に当てはまるので、DとAはパーフェクト5thということになります。 このようにルートに対して3度がマイナー、5度がパーフェクトで構成される三和音をマイナートライアド(minor Triad)といいます。 Iの三和音がメジャートライアド、IIの三和音がマイナートライアドであることを解説しました。それでは、III、IV、V、VI、VIIはそれぞれどうでしょう?次の項に回答を紹介しますので、ご自分で検証してみてください。 ≪次の項へ≫ 【目次へもどる】
さらに読む