ビル・エヴァンスのブロックコードによるアドリブを楽譜にしました

https://youtu.be/vdw7C0pm5rM 移動中のカーオーディオで聞いていたらかっこよかったので、事務所に戻って即楽譜に起こしてみました。当店にて発行した「In Your Own Sweet Way」が「Alone(Again)」収録であるのに対し、こちらはピアノトリオで「How My Heart Sings!」に収録収録した5テイク目です。最後のドラムとの掛け合いでのブロックコードでのアドリブで、この後のドラムソロを最後にテーマに戻っています。 過去に楽譜化した「Intuition」に収録されている「Invitation」もブロックコードが多用されていて、採譜していて特に感じたのはエヴァンスのタッチがクラシックのピアニストに比べて浅いということでした。周りのクラシックの演奏家の方々もビル・エヴァンスよりもアート・テイタムの演奏に驚く傾向があって、批判とかじゃなくジャズというラフなスタイルだからこそありえる奏法なんだと思います。 下書きの手書き譜と、作業をしたピアノ型デスク。 この8小節は、曲中のブリッジに当たる部分で、コードはおおむねデイヴ・ブルーベックの原曲に習っているようです。ただ、最初のEm7(b5) に9thのF#が加わっているのが特徴的です。エヴァンスの演奏によっては4音のドロップ2を多用することもありますが、この8小節では5音のブロックコードを基本に構成されています。 特にすごいと思ったのは、ブロックコードだからブロックコードだけに終始せず、単音を絡めたり(3、5小節目)ゴーストノートのように扱ったり(5~6小節目)と、フレキシブルに絡み合う自由度です。よっぽどコードが体に染みついていてピアノという楽器の扱いを熟知しているのだと思います。加えてタッチが浅いということは、緊張せずリラックスして演奏していることの現れなのでしょうか。 さすがの一言に尽きます。 【目次へもどる】
さらに読む

二和音

和音を作っていきます。その最初のステップとして、シンプルに2つの音で和音を作っていきましょう! 読んでみて、音を出してみて、「なぜ?」と思うかもしれませんが、今のところは「こういうものなんだ」というふうに受け止めてくださいm(_ _)m。 目次 3度5度7度 3度 あるキーでの1度と3度、2度と4度というような組み合わせを2オクターブ弾いていったものを表にしてみました。 上34567123456712下12345671234567 それをCメジャーのキーに置き換えると以下のような音名になります。注目して欲しい点は、それぞれの3度がM(メジャー)かm(マイナー)に分かれるというところです。これ、すごく大事です。 上EFGABCDEFGABCD下CDEFGABCDEFGABM or mMmmMMmmMmmMMmm 表のとおりに音を出すと、下の動画のようになります。実際にご自分の楽器でも音を出して、どれがMでどれがmなのか確認してみてください(指使いは見やすいようにやっているものなので参考にしないでください!)。 https://www.youtube.com/watch?v=0mb6PtNlg5g 5度 5度の場合は下のようになります。 上56712345671234下12345671234567 5度の場合は、P(パーフェクト:完全)なのか、d(ディミニッシュ:減)なのかに分かれます。シンプルに、7度の4度の組み合わせ以外はすべてPです。この7度と4度のdが様々な場面で重要な役割を果たします。ご期待ください! 上GABCDEFGABCDEF下CDEFGABCDEFGABP or dPPPPPPdPPPPPPd こちらも音を出してみてくださいね。 https://www.youtube.com/watch?v=xPh0BtQqrz4 7度 そして最後は7度です。 上71234567123456下12345671234567 7度はMなのかmなのかに分かれていきます。表では以下のとおりです。 上BCDEFGABCDEFGA下CDEFGABCDEFGABM or mMmmMmmmMmmMmmm こちらでも音をだしてみてください。ただし、動画での指使いは見やすいようにやったものなので、マネはしないことをお勧めします^^。 https://www.youtube.com/watch?v=c059tY-03us まとめ 以上、3種類の2和音をCメジャーキーでご紹介しました。この時点で、すべてのキーを弾けるようになっていればこれらの2和音もすべてのキーで弾けると思います。これらのM、m、P、dの関係が、後々コードを理解する上で大切な資料になります。三和音の後でここに戻ってもいいかもしれません。 <目次へもどる>
さらに読む

ビル・エヴァンスのリハーモナイズ「The Touch of Your Lips」

The Touch Of Your Lips By Bill Evans 1年前くらいに紹介した、マリアン・マクパートランドのラジオ番組でのビル・エヴァンスへのインタビューでエヴァンスが「The Touch Of Your Lips」をデモ演奏しながら「こんな感じ」「Cのあたりを行ったり来たりして」とか、アバウトな解説でよくわからなかったのを耳コピして楽譜にコードを書いてみました。 このラジオ番組はCDにもなっていて、The Touch Of Your Lipsのデモ演奏はトラック8です。 ...
さらに読む

Bud Powell 「I’ll Keep Lovin’ You」

バド・パウエルの美しいバラード「I'll Keep Lovin' You」の採譜をしています。 ビル・エヴァンスの初のリーダータルバム「New Jazz Conceptions」などはバド・パウエルの影響が見られるといわれます。チック・コリアもトリビュートアルバムを発表したり「Bud Powell」と銘打った楽曲を発表するなど、パウエル愛が強いようです。なにより、マイルス・デイヴィスのパウエルへの尊敬の意はとても強く、自伝の中で音楽も人物も絶賛しています。 若くして不幸な人生を送ったパウエルですが、素晴らしい作品をたくさん残しています。その中の一つがこの曲です。 メロディの美しさもさることながら、II-V-Iをふんだんに散りばめたコード進行はとてもシンプルでわかりやすく、ジャズピアノ初心者にはとてもいい研究材料になる曲です。私もだいぶ昔にメロディ譜を自作しましたが、一つ一つの音符を拾うのは今回が初めてです。 まだどの冒頭部分だけですが、やはり手は大きいのだろうな、というのは伝わってきます。また、パウエルの音楽キャリアはクラシック始まっているので、どのような演奏になっているのか興味津々です。録音の音質が良いとはとても言えない音源を参考に採譜するので、どこまで正確に採れるか心配もありますが、チャレンジしたいと思います。
さらに読む

ビル・エヴァンスのリハーモナイズ「People」「Star Eyes」

https://www.youtube.com/watch?v=QwXAqIaUahI&t=1274s First two bars of People by Bill Evans 「ユニバーサル マインド オブ ビル エヴァンス」というビデオで、ビル・エヴァンスと兄のハリー・エヴァンスが対談形式でジャズについて語り合い、その一部でビル・エヴァンスがジャズスタンダードの「Star Eyes」を披露します。最初はメロディのみ、そしてコードを付け、最後にビル・エヴァンスがアレンジした独自のハーモニーと順番に演奏していき、その変わっていく変貌ぶりかすごいです。 「People」原曲の楽譜 実はこのコードはAlone(Again)収録の「People」でも使用していて、トニック上にドミナント7thのオルタードコードをのせてメジャー7thに解決するという方法です。「Star Eyes」は正確にはトニック上にドミナント7thとはちょっと違うのですが、とても似ている響きなのでコードのみ楽譜にして紹介させていただきます。 字幕入りのDVDが発売されています。ぜひ、買ってみましょう! ...
さらに読む

「紅葉」と「うさぎとかめ」とおまけ

日本の童謡を大人風にアレンジしたソロピアノの動画と楽譜を公開しています。 紅葉(もみじ)【大人版】 https://www.youtube.com/watch?v=3tAVHfOD3Gc うさぎとかめ【ジャズ】 https://www.youtube.com/watch?v=6APWQ06TBp8 おまけ 「紅葉」と「いつか王子様が」の2つのメロディを同じハーモニー上にのせられるのでは?と思い実験した動画です。 https://www.youtube.com/watch?v=75nyaj5jp8U いかがでしたか?他にもまだアイディアがたくさんあるので、少しずつですがご紹介していきます。お楽しみに!
さらに読む