近況ご報告

YUXのオーバーホールが終わりました。

弦もピンもピカピカになりました。

外装もばっちりです。

そして、去った台風上陸の直前に出荷となりました。ラップでぐるぐる巻きになりました。

そして、間髪いれずもう一台仕上げて出荷。

レンタルしていたピアノが帰ってきました。

木目調のピアノも入荷しています。

そして今度はグランドピアノのオーバーホールが始まります。

すべて分解して、

塗装を始めています。

スティック修理〜張弦完了

いつもお世話になっているお客様のピアノ調律に行きました。今回は音が出にくいキーがあるとのお問い合わせでした。行ってみるとご覧のとおり。ハンマーがありえない位置で静止しております。まるで体操のキメのポーズのようです。

ここまで硬直していると、ピアノ用の潤滑剤でも歯が立ちません。原因となっている摩擦を除去します。

部品を一つずつはずしてよく見たら、回転軸となるピンに錆が。一応この部品は黄銅といって、真鍮と同類の材質なのですが、さすがにこれは派手に錆ています。当然交換です。

無事すっきりしたわけですが、環境が環境だけに、また発生してしまうのだろうな…。丁寧に直していきます。

お店のピアノは張弦が終了。組み立てます。

ピアノを乗せて…

古いピアノを使いたいというお話をいただいて行ってきたら、ものすごいアイディアを実行している現場でした。見てのとおり、ピアノ用の台車です。ここまでスケールが大きいとは思いませんでした。タイヤも(^O^)。

台車に乗せるとは聞いていましたが、ピアノ屋さんや運送屋さんの感覚ではせいぜい直径10cmくらいがキャスターの大きさ。それがこちらは四輪バギーを改造したもので、ステアリングもついてるしブレーキも後でつけるとのことで、キャリパーまで仕込んでありました。

こちらは沖縄市の一番街という街全体で音楽が盛んなところなので、ピアノの需要はあるのだとか。そこで、屋外でもどこでも商店街中でピアノを演奏に加えられれば、という発想が生まれたそうです。スケールがデカい!

お店では部品の塗装をして、いよいよここからは内部の作業です。まずは分解前にもろもろの測定です。

ピアノ屋さんはお風呂屋さん

アップライトピアノYamaha YUXの整備は外装から鍵盤のクリーニングへ。ここはかなりやりがいを感じる作業の一つです。白い鍵盤の上面についた爪痕はピアノへの愛情と情熱の証し。たくさんついているほどたくさんひかれたピアノ。なければ楽なのですが、たくさんあるとそれはそれでうれしいです。このピアノもたくさん弾かれていたのは音からも鍵盤の外観からも明白。そして外装に大きな傷がないのが大切にされていた証拠。汚れや傷を落とし、くたびれた消耗品を交換してきれいにします。ピアノのお医者さんともいうことがありますが、お風呂みたいなものですかね?さっぱりしていってもらいます。

そして外の調律は昨年オーバーホールしたアップライトピアノ。ようやく安定してきた感があります。また次回お目にかかるのが楽しみです。

Yamaha YUX 整備開始

新たにアップライトピアノの整備を開始します。全弦張替を行います。

その前にまずは分解と外装のクリーニングです。今回分解は最小限にとどめるつもりでいましたが、一部塗装の必要が出てきたため分解。それでも、全体的には綺麗な方だったので、とりあえずバフがけは完了。次は鍵盤のクリーニングをしてから塗装を行う予定です。

オーバーホールしたグランドピアノの調律をさせていただきました。アクリル板のフレームカバーがお友達に好印象だったようです。音に影響はありますか?と聞かれれば、あると答えるピアニストさんも多いですが、湿度の高い沖縄ではあるのとないのでは弦をサビから守る効果が大きく出ます。一度取り付けたものの、やはり音が…と外した後でサビが出たことを知り後悔する人がいるのも事実です。できるだけ長持ちさせるためにお勧めしたい一品です。

グランドピアノ整備完了


グランドピアノの全弦張替が終わりました。近日発送予定です。

9月は石垣島への出張を含む調律のお仕事をたくさんいただき、沖縄中を駆け巡った1ヶ月間になりました。オーバーホールしたピアノ、初めてのお客様、リピートのお客様、コンサートホール…。必要とされることはありがたいことです。様々なピアノの写真をまとめてみました。ありがとうございました。




wpid-20170729110035.jpg
そして修理工房のピアノの仕上がりを待ってくれているお客様たちがいます。しっかり進めていきたいと思います。

グランドピアノ整備開始

次なるプロジェクトはグランドピアノの整備です。外装をクリーニングして、中の整備をします。

先日調律したお客様は、近所にピアノ教室がないということで、なんとお父さま自らお子さんたちにピアノを教えているというツワモノでした。ご自宅兼職場の事務所ということで、作業をしている隣の部屋には子供たちがピアノを弾いている音が流れてきて、しばらくすると「お父さん、次はどうやるの?教えて〜」と来るそうです。環境が整って初めて実現可能なレッスン方法ではありますが、とてもよくできた偶然に感動しました。どの分野でもそうでしょうけど、親御さんが積極的に関わった方がお子さんはのめり込んでいきますね。

石垣島ピアノ調律記(2017年夏)

恒例の石垣島でのピアノ調律にやってまいりました。恒例と言っても年3〜4回の出張ということで具体的にいつとは決まっていませんが、だいたいこの時期に定期調律のお客様がいます。毎度おなじみの方もいれば、初めてのお客様もいて、いろいろな人に会えるのが楽しみなお仕事です。

さて、今回はこれまでにない大イベントがありました。石垣島でピアノの納品です。どうしても離島は輸送にお金がかかってしまうため、トラックとお手伝いさんを手配していただき、コストを抑えました。市街地から離れた住宅への納品だったため、苦戦もしましたが、四人がかりでなんとか搬入に成功!森の中の一軒家で鳴らすピアノの音色、自然との調和、いっぱい汗をかいた重労働ではありましたが、とてもやりがいのあるお仕事になりました。ご主人がピアノ好きで、バッハやショパンの曲が響き渡りました。きっとお子さんたちもお父さんのようにピアノを弾きたくなるのでしょう。また次回お会いするのが楽しみです。

無事に全てのお仕事を終えたものの、運悪く台風が発生してしまい、その影響で未だ石垣島から出られない状況です。ピアノの納品が終わってからでよかったではあるのですが、いつ帰れるか不透明なのでちょっと心配です。まあ、こうして宿で一人羽を伸ばして、普段できなかったことをちょっとずつこなしています。スマートフォンがある時代でよかったです。

帰ったら工房での作業が待っています。